デンタルオフィスみなと 公式ブログ

静岡県沼津市の歯科医院「デンタルオフィスみなと」です。

【童話】ミツバチさんとあおむしさん

【童話】ミツバチさんとあおむしさん

 

「むしゃむしゃむしゃ。この葉っぱは、おいしいわ。」

あおむしさんが葉っぱを食べていると、そこへミツバチさんがやってきました。

あおむしさん、何をしているんだい?」

「きゃあ!ミツバチさん、わたしを刺さないで。」

「安心して、君を刺したりはしないよ。ぼくは蜜を集めに来ただけさ。」

「ああ、それならよかったわ。わたしは葉っぱを食べているところよ。」

「そうなんだ。食事のじゃまをしてごめんね」

「いいえ。ミツバチさんは空を飛べて、うらやましいわ。わたしも空を飛んでみたいな。」

「そうか、君には羽がないから飛べないんだね。君を乗せて空に連れて行ってあげられるといいのだけれど。ぼくの小さな羽では無理かな、ごめんね。」

「気にしないで。ミツバチさんとお話しができて、嬉しかったわ。また来てね。」

「うん、また来るよ。」

ミツバチさんは、忙しそうに蜜を集めると、羽をはばたかせて、飛んで行きました。

 

「やあ、あおむしさん。君、この前より体がずいぶん大きくなったね。」

「あら、ミツバチさん。わたし、たくさん食べて大きくなりたいの。いつかわたしも蜜を食べてみたいわ。だって、甘い匂いがしておいしそうですもの。」

「そうだね。二人で一緒に蜜を食べることができたら楽しいだろうね。」

二人は、いつのまにか仲のよいお友達になっていました。

 

ある日のことです。葉っぱの上でミツバチさんがうずくまっていました。

「うーん、うーん、痛いよう!」

あおむしさんがびっくりして近づいていくと、ミツバチさんは、羽にけがをしていました。

「ミツバチさん、どうしたの?」

スズメバチがぼくたちの巣にやってきて、大切な蜜を奪おうとしたんだ。追い払った時にけがをしちゃって、これじゃあ飛べないよ」

「それなら、わたしの背中に乗って。お花まで運んであげるから、蜜を食べて早く元気になってね。」

あおむしさんは、ミツバチさんを乗せて、いっしょうけんめい花をめざしました。

あおむしさん、君のおかげですっかりよくなったよ。どうもありがとう。」

「それはよかったわ。」

蜜を食べて元気になり、けがが治ったミツバチさんは喜んで巣へと帰って行きました。

 

またある日のことです。ミツバチさんがあおむしさんを訪ねると、あおむしさんの様子がいつもと違っていました。

「わたし、これから体が動かなくなるの。」

あおむしさんの体は、葉っぱと同じ色のマントにくるまれて、葉っぱの裏でじっと動かなくなってしまいました。あおむしさんは、眠ってしまっているようでした。

「ねえ、あおむしさん、なぜ動かなくなってしまったの?ぼくは君と話をしたいんだ。さみしいよ。」

それからミツバチさんは、毎日、眠ったままのあおむしさんを見守りに行きました。

 

ある時、小鳥がやってきて、あおむしさんを見つけました。

「ミツバチさん、あなたのそばにじっとしているのは、あおむしさんかしら?」

ミツバチさんは、小鳥があおむしさんを食べようとしていることに気づきました。

「これ以上近づくとこの針で刺すぞ。あっちへ行け!」

「刺さないで!もう来ないから。」

小鳥は慌てて逃げていきました。

 

次の日、ミツバチさんがあおむしさんの所へやってくると、マントが脱ぎ捨てられていて、あおむしさんの姿はありませんでした。

あおむしさん、どこにいるの?ぼくのことを嫌いになってしまったの?」

ミツバチさんは、とても悲しくなって、あおむしさんを探しました。しかし、どこを探してもあおむしさんはいませんでした。仕方なく、ミツバチさんは飛び立ちました。

 

葉っぱの近くの花の上には、一匹の白いモンシロチョウが飛んでいました。

 

「ミツバチさん、こんにちは。あの時、小鳥に食べられそうになったわたしを助けてくれてありがとう。マントの中で聞いていたわ」

ミツバチさんはモンシロチョウの声を聞いて、とても驚きました。

「えっ!君は、あおむしさんかい?空を飛べるようになったんだね!」

「そうなの。風がとても気持ちいいわ。」

「さあ、一緒に行こう。ぼくがとってもおいしい蜜の花のところへ案内するよ。」

モンシロチョウはにっこりと頷きました。

二人は、楽しそうに丘の向こうの花畑へと飛んでいきました。

 

2021年6月12日 著作権は「デンタルオフィスみなと」にあります。

【童話】月色手紙配達人

当院オリジナルの童話です。

***************************************

【童話】月色手紙配達人

 

「お母さん、ぼくに手紙来てない?」

 サンダル履きで郵便受けから戻って来た青彦は、何回もしつこく繰り返していた。

「来てないわね。今日はもう郵便屋さん来ないわよ」

 お母さんは青彦の顔も見ずに、イライラと言った。

 外の深い群青色が、いつか写真で見た海を思い起こさせ、青彦は自分の絵の具箱に目をやった。

(まるで透明すぎて、オマエらには手も足も出せないだろうね)

 そんなふうに心をそらしてもみるのだけれど、やっぱり…

「おじいちゃん病気だから、お返事くれないの?ぼくのお手紙読んでくれたのかなぁ…ねーお母さんてばぁ」

 ひんやりとした窓ガラスが、まだ幼い男の子の膨れっ面を映した。

――その日、青彦はどうしても瞼を閉じる事が出来ずにいた。真夜中に取り残されたまんま、ベットの上にぽつんと一人。

(ああ、なんだかノドかわいちゃったなァ。トイレにも行きたいよ…)

 毛布を頭までバサッとかぶってまん丸くなる。

「ひつじが一匹、ひつじが二匹、ひつじがサン…」

 その時、

――コン、コン、コン。

 何か音がした。

 青彦はビクッと身ぶるいした。毛布のわずかなすき間から、大きな目をキョロキョロさせて青くなる。

(そ、そら耳…かな…)

――コン、コン、コン。

(あっ、まただ…)

 今度ははっきりと…

――コン、コン、コン。

「郵便ですよ」

「ユウビン!!」

 青彦は心臓が破裂するほど驚き、ベットから跳び起きて玄関へ走った。

「ユ、ウ、ビンヤサン!!デスカ?」

 鍵を上げてドアノブをゆっくり回すと、

「どうも、郵便です」

 感じの良い声をした男の人が立っている。黒い制服、黒い靴、黒いショルダー、そして黒の帽子。

「ゆうびんやさん!!」

「君に、お手紙ですよ」

 彼は優しく青彦に微笑むと、バッグから一枚の大きな封筒を取り出した。

「はい、どうぞ」

 青彦は、目の前に指し出されたそれを、両手で受け取った。

「ありがとう!」

 郵便屋は、にっこりうなずくと、早足で消えてしまった。 青彦はこぼれそうな笑みをうかべた。

(おじいちゃんからだな。きっと、今日はゆうびんぶつが多かったんだ。だからこんな夜中に、届けに来てくれたんだ)

 しかし、その途端、青彦の笑みが重い音をたてて床に落ちた。月の光に、その真っ青な封筒を照らすと、

『トナリ街 ツキアカリ61332番地 Thomas・Moonへ』

と書いてある。

「ち、ちがう!これ、ぼくンじゃないよ!」

 青彦はあわてて郵便屋の行った方へ飛び出した。でもそこにはただ平然と、ガス灯が並んでいるばかり。青彦は、突っ立ったまま、耳の奥でするドクン、ドクン、という音を全身で聞いていた。

「よ…よしっ、ぼくが届けに行こう!」

 思い切った青彦は、大急ぎで着がえをすると、大きな封筒一枚持って、ガス灯の下に出た。紺のコートに黒いズボン、黒い靴、帽子はとりあえず、格子柄の鳥射ち帽をすっぽりと。

「トナリマチ、ツキアカリ…」

 青彦はブツブツ口の中でつぶやきながら、いくつもの丸い光をくぐりぬけた。まるで、冷たい水の中を歩いているようだ。

「ろく、いち、さん、さん、に」

 最後のガス灯の下で立ち止まって、帽子をひねる。

ティー、エイチ、オー、エム…エヌだったかな…」

 すると、

「トーマスだよ」

 ハッとして目の前を見ると、上の方が丸っこい英国風の扉が、静かに浮かんでいた。

「トーマス・ムーン、ツキアカリ61332」

 その時、“誰?”と問う間もなしに青彦の目に飛び込んで来たのは、いかにも紳士といった感じの…

「ネコ!?」

 すると猫は、手に持ったシルクハットを裏返して、言った。

「失礼な。だから、僕は“トーマス・ムーン”だと言っているでしょう?」

 少し不機嫌そうな猫の方へ、ガス灯の下から踏み出した青彦は、帽子をもう一度ひねり直した。猫は眉をひそめて青彦を見ている。

「あ…ごめん、ね、えっと、ぼく、あおひこ。ごめんね、トーマスムーンくん」

 すると猫―Mr.トーマス・ムーンも、そも満足したようにうなづいて、

「いや、いいんだ、アオヒコ君」

 と、笑う。

 ガス灯の光にはぐれて、空中で静かに月の光をあつめている扉には、

――ツキアカリ・6・1・3・3・2――…

「ここだ!」

 青彦は、青い封筒と扉とを照らし合わせて叫んだ。トーマス・ムーンは驚いた様子で言った。

「それは、僕に?」

「うん」

 青彦は大きくうなづく。

「やっぱり!ずっと待っていたんだ、僕」

 トーマス・ムーンは、青彦の手からそれをしっかり受け取ると、言った。

「ありがとう!郵便屋さん!」

 青彦は、少し照れクサクなって、帽子を手でかいた。トーマス・ムーンは、手紙を大切そうにかかえながら笑う。

「よかったら、お茶でも飲んでおゆきよ」

 そう言って、扉のノブに手をかけるトーマス・ムーンを、青彦はまじまじと見つめた。 月に輝く、銀の美しい毛なみ。

「ねぇ、その扉はナニ?」

 青彦の質問に、トーマス・ムーンはけげんそうに首をかしげた。

「何って、僕の家だよ」

 青銅色の扉に手のひらをおいて、彼は言った。

「まぁ入りたまえ」

 青彦は、首をかしげながら中に入った。

「わッ…まぶしいっ!」

 辺りは真っ白。いや、金色か、銀色か、それとも…。目を細めてみると、トーマス・ムーンがどこからか三日月形のペーパーナイフを持って来ていた。

「おいしい紅茶があるんだ。でも、ちょっと待っていて」

 どうやら、先に手紙を読む気らしい…と、その瞬間、――カラ、カラ、コツン!

 トーマス・ムーンのペーパーナイフが床に落ちた。

「おっと」

 彼が拾おうとする。

――コツン、コツン。

…青彦は、自分の頭の中までが‘月色’になってゆくのを感じていた。

――カラ、カラ、コツン! コツ、コツ、カラ、コツ………くん…ひこくん…

「あおひこくん」

「は、はい」

 青彦は、ハッとして辺りを見回した。

(…?ぼくんちだ…)

 目の前の扉の足もとをじっと見つめる。

(夢?でも、ぼくは寝てられなくて、えーと…)

 青彦は帽子に手をやった…はずだった…

「アレェー?」

 ふと気付くと、郵便屋さんが、何か箱をこちらへ差し出していた。

「いいなぁ、コレ、なんだろうね」

「え?」

 青彦は、目をこすりながら言った。

「あっ、おじいちゃんからだ!!」

 大急ぎで、包みを開ける。

(なんだろ、なんだろ、なんだろ!)

 きれいな箱のフタをそうっと開けて、青彦は息をのんだ。

「あっ…!!」

 それは、大きな青い封筒を抱えた、あの“トーマス・ムーン”だった。小さな人形になって…。しかも、こわきにはしっかりとあのペーパーナイフをはさんでいた。 青彦は、添えられていたおじいちゃんからの茶封筒を大切に手に取ると、“トーマス・ムーン”がしっかりと抱える青い封筒を見つめた。

…ツキアカリ・6・1・3・3・2…

「…安心して、君のは読んだりしないから」

 すると、コロン、と封筒からこぼれ落ちたものがあった。青彦の手のひらにのせられたそれは―

―深い群青色の絵の具―

「…これ、くれるの?」

「は?」

 不思議そうに首をかしげる郵便屋に首をふって、青彦はにっこりした。“トーマス・ムーン”の銀の毛なみが、風になでられている。

「ありがとう!ゆうびん屋さん!」

 すきとおる風のなかを、オレンジ色の空へ小さなほこりを舞い上げながら、郵便屋は帰って行った。まだ、ともされないガス灯の下を……。

 

2001年1月13日 著作権は「デンタルオフィスみなと」にあります。

『いつかまた横浜で』 K.O.様が書いてくださった感想文

 私が『いつかまた横浜で』を出版したのは2000年4月です。あれから、21年もの歳月がたちましたが、この本が私の原点であることは変わりません。出版後、多くの人から感想を頂戴いたしました。その中の1つをご紹介させていただきます。なお、K.O.様は2015年7月6日に87歳で他界されました。もうすぐK.O.様の命日です。K.O.様は長年強弁をとられ、定年退職後は17年間、短歌を詠み続け、ご自身の短歌の本を出版された方です。人生の大先輩に、このような感想文を書いてもらったことは、大変に光栄です。

**************************************

 

 「本を出す」ということは、「大通りを素っ裸で走るようなものだ」と、ある小説家は述べている。それほど文を発表するという行為は、作者の知能・性格・全人格があぶりだされてくるものである。この言葉を僕は短い感想文のプロローグとした。

 『いつかまた横浜で』を読み始めてからずっと僕の頭の中では、杉名ではなく作者のこの本を書いた意図や、何のために出版・公表したかという疑問が徘徊していた。それは、内容が作者の事実の告白にもとづいた「秘めごと」のように思えたからである。また、杉名と律子は結ばれないであろうという予感があった。なぜか。結ばれていたら、これを本にする必要はなかったのだから。

 律子は佐藤と杉名を天秤にかけるような女性ではない。彼女が適齢期を過ぎようとしていたとき、佐藤を選んでしまったのだと思う。選ぶまで、決定するまで律子は迷いに迷ったのではないだろうか。律子は杉名に対して、もっと自分を強く抱きしめてほしいと訴えていたのではないだろうか。

 「仕事と恋」、あるいは「恋と仕事」と言ってもよいが、この二つは人生の最大の関心事である。生きてゆくうえの最大のファクターである。杉名の場合、苦しみを伴う学業という現実の仕事があって、そこに、同時に恋が生まれたといっていい。その恋心は、自分の人生に希望をもたせ、日々の活力になっていった。また少し観点を変えて言えば、人は苦しいときに何かに逢って生きたいと願う。優雅なやさしさを求めるものである。それが杉名にとって律子であったのだ。だとすれば、これは、本当は愛とか恋とかいうものではないのかもしれない。

 実生活や手紙文が実に生き生きと書けている。その反面、プロローグの「会話」の部分は全くの蛇足にすぎない。これを補完した意味は作者にあっても、一般読者には「しらけ」を感じさせた。さらに言えば、『いつかまた横浜で』は、フィクションですよという言い訳であり、その言い訳もあまり役に立たない子道具ではなかったか。

 僕はこの感想文の冒頭で、なぜこの本を書いたのか、なぜ公表したかという疑問をなげた。僕なりの答えを示して終わりとする。

 

 書かずにはいられなかった。

 この世でたった一人の人、律子に自分の本心を解ってもらいたかった。

 

 これだと思う。杉名は律子を深く深く愛した。学業に励むのも、優秀な医師になるのも、すべてはそのためであったのだと僕は結論づけた。

 題名の『いつかまた横浜で』は、出会いが横浜であり、別れも横浜だからではない。それだけではないのである。ひとときの別れがあっても杉名は純な気持ちをもって生きていくに違いない。ひとまわり成長した大人になっても、この気持ちは変わらないと、今、思っていることであろう。また逢える日を心から願い生きてゆきたい。そう願いながら、いつかまたとしたのだろう。

 全編を通して、作者のひたむきな心情がつらぬかれていた。また、若者らしく、すがすがしい風を送りつづけていた。

 

                         平成12年7月7日 K.O.

f:id:dentalofficeminato:20210610213254j:plain

露木良治 著『いつかまた横浜で』医療タイムス社


 

 

【2021年5月31日 臨時休診のお知らせ】

【2021年5月31日 臨時休診のお知らせ】

5月31日(月)、臨時休診します。
6月2日(水)、振替で診療します。

ご不便をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願いいたします。

【2021年 GW 休診のお知らせ】

【2021年 GW 休診のお知らせ】
 
GW中の当院の予定は以下の通りです。
4月28日(水)臨時休診
4月29日(木)祝日
4月30日(金)診療
5月1日(土)診療
5月2日(日)~5月6日(木)休診
5月7日(金)~通常通り診療
ご不便をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願いいたします。
なお、3密を避けるために、急患枠が埋まり次第、当日の予約受付を終了することがございます。ご了承の程、お願い申し上げます。

【2021年2月11日 (木) 休日当番医のお知らせ】【2021年2月13日 (土) 臨時休診のお知らせ】

【2021年2月11日 (木) 休日当番医のお知らせ】am8:00-pm5:00
【2021年2月10日 (水) 振替で診療のお知らせ】am9:30-pm7:000
【2021年2月13日 (土) 臨時休診のお知らせ】
上記の予定で、診療します。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒、よろしくお願いいたします。

【2020-2021 冬季休診のお知らせ】

【2020-2021 冬季休診のお知らせ】
2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)、休診いたします。
ご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒、よろしくお願いいたします。